災害時の登下校

災害時・台風接近時等における生徒の登下校について

 1 公共の交通機関が運行している場合は登校する。(平常の取扱い)  ただし,局地的な豪雨・積雪・強風等で登校時に危険が予想される時 は,保護者の判断で自宅待機する。(その際は必ず学校(担任)に連絡をすること)

2 大雨・大雪・台風の場合で,公共の交通機関が運行されていない場合は, 自宅待機し,交通機関の復旧(危険が去り,登校の際の安全確認後)を待って登校する。

3 交通機関が復旧しても(登校の際の安全確認後),学校到着が17:35を過ぎると予想される時,または登校しても下校の際に,交通機関が不通になると予想される時は,自宅学習とする。その際は,必ず学校(担任)に連絡をすること。

4 臨時休校等の場合は,学校を通じて担任から,10:30までに連絡できるようにします。(不明な場合は,担任または学校と連絡をとること。) 

5 登校後,交通機関が運休となる可能性がある場合は,該当する生徒を早めに下校させることがある。

JR等の運転見合わせ・遅延などについて

1 列車の遅延等で遅れる場合は,「遅延証明書」(駅が発行するもの)を取得し,必ず学校(教科担当者等)へ提出すること。(駅が混雑し,「遅延証明書」発行がない場合もある。その際も必ず学校(教科担任等)へ連絡すること。)

2 授業途中に,遅延証明書を持参して出席したら,その講座は出席扱いとなる。(教科担当者が「出席」で入力を行う。)

3 遅れて登校するか,または登校できない場合は,受講予定だった教科は公欠扱いとなる。(担任が「公欠」で入力を行う。

4 上記いずれの場合でも,必ず学校(クラス担任)へ連絡すること。

 
〒:891-0198
住所:鹿児島市西谷山一丁目2番1号
電話(定時制):099-263-3721
Fax(代表):099-260-8233

 
 
コンタクト
ウェブサイト:鹿児島県立開陽高等学校(定時制課程)
場所: Japan
1行紹介
 あなたの「夢・実現」をサポートします。
紹介文
鹿児島県立開陽高等学校(定時制課程)